鰻 / 中山うり

セルフプロデュース第2弾! 世界中を飛び回るようなカラフルなサウンドに、どこかとぼけながらも、 やさしく、力強い「うた」は世界をまるごと肯定する包容力に満ちあふれ、 中山うりの新たな一面を展開させた傑作!

前作「ホロホロ」から引き続き、 自らのプロデュースによる傑作が約1年半ぶりに完成!
どこかとぼけながらも、やさしく、力強い「うた」は世界をまるごと肯定する包容力に満ちあふれ、中山うりの新たな一面を展開させている。 スティールパン、木管、金管楽器の奏でるエキゾチックで柔らかなアンサンブルと、ブラジル、ジャズ、ラテンなど様々なジャンルを消化した多彩なリズム隊によって織りなされるバンドサウンドは、楽曲にぴったりと寄り添って、様々な表情を聴くものにみせてくれる。 世界中を飛び回るようなカラフルなサウンドの根底には、日本語による詩情が表現されており、中山うりの魅力にさらに磨きをかけた作品となっている。
「あの時」感じていたトキメキを呼び起こし、何気なく過ぎ去るすべての日々を愛しく感じずにはいられない、そんな印象を聴くものに与えてくれるに違いない。


「収録曲」

01. 時々ドキドキ

02. 寝ても覚めても

03. 月曜日の夜に

04. 蒼いアジサイが泣いている

05. ガパオNo.5

06. るるるるる

07. 哀しきサングラス

08. 8月のコラール

09. トロントさん

10. 石神井川であいましょう

2,800円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク